ホンダが発表した2014年3月期の決算によると、売り上げ、営業利益、最終利益ともに大幅増収増益となりました。ホンダといえば発売したばかりのフィットやヴェゼルのハイブリッド版のリコール続きが記憶に新しいですが、対策費用から予想よりも約300億円減少したそうです。リコールが無ければといった惜しまれますが、最近はリコールもないですし、ハイブリッドシステムが安定すれば今期は好調に行けそうですね。
気になるのは消費増税の駆け込み需要という、増税後の販売減少がどのくらいになるかですかね。因みに、ホンダでは国内の販売台数の100万台越えを目指すとのことで、そのためにも6車種を投入するそうです。100万台はホンダにおいてまだまだ超えたことのない壁のようですね。
ホンダの場合は自動車だけじゃなく、除雪機や農機具、バイクなども作っているので、自動車以外の稼ぎがあるはリスクヘッジになっているのではないでしょうか。こうやって考えると、日本の自動車メーカーで純粋に自動車だけを作っている会社ってわずかですね。大抵はグループ企業でなんだかんだ作っているので(飛行機やバイク、農機具とか)、すっと閃くところだと光岡自動車ほどでしょうか。(よく知らないだけですが)
海外の自動車メーカーってどうなんでしょうかね?輸入車 人気

自分が乗ってみたい車はたくさんあるのですが、ひときわ殊にのぼりたいなぁという車がアルファードだ。
アルファードに乗って僕は遠出したいと思っています。
そうしてアルファードで車中泊をしながら遠出望むわけです。
なぜならアルファードはミニバンも著しい方なので、その分室内の空間も広くなります。
それで至って爽やか車中泊ができると思っているからです。
室内空間が狭苦しい車での車中泊だと、使い勝手に欠けるのでせっかくの遠出も疲労が留まり易くなる。
それでアルファードものの室内空間が大きい車で、のほほんと快適に車中泊をしたいとしてある。
そうして車中泊をしながら遠くまで遊びに行きたいなぁと思います。
しかし、アルファードはミニバンも高級車に分類されるので、購入するのは思い切り難しいと思いますが。
また、ミニバンの高級車から、運転もしやすそうですよね。
運転中も快適なら遠くまでドライブしても疲労が止まりにくそうですからね。
天気の良い日なんかに海沿いをアルファードで走ったらすごい明るいんだろうなぁって思ったりもします。
何より目的もなく、車中泊をしながらふらっと適当に遠くまでドライブできたら最高ですよね。
アルファードはデザインもカッコイイですからね。セダン 人気

一口に高級車と言っても、ベンツやレクサスもそれなりに高級車の部類には入るだろう。ただし、せいぜい、大衆高級車の域を出ていない。世界には、死ぬまでに一度は乗ってみたい超高級車がある。なので今日は、私が死ぬまでに一度は乗ってみたい超高級車に関しまして書かせてくださいという。1.ひとまず、アストンマーチン・one-77。名前が表す通り、世界で「77台限定」車です。値段も140万ドルって庶民にはまさか手が出せない代物。それでも、鉛色にきらめくボディというフォルムは一見の価値ありですね。2.次に、ポルシェ918スパイダー。その名の如く、地面に付くように走るように走ります。値段は84万5千ドル。アストンという比較すれば廉価ですが、私において憧れの一台だ。3.そしたら、ブガッティ・ヴェイロンスーパースポーツ。何と最高出力が1200hp。想像を遥かに超えた走りを見せつけるのでしょうね。値段も260万ドルといった半端ない。但し、冥途の土産に一度は乗ってみたい車だ。助手席もいいから。4.最後に、マイバッハ・ランドレー。前もって、エンジンメーカーとして創業したマイバッハが、1966年、ダイムラー・ベンツ社の傘下にはいり、2002年にダイムラー・クライスラーのブランドとして復活した。値段は160万ドル。マイバッハの運命を考えれば、是非とも試乗してみたい車ですね。以上の4台が、私の夢にまで登場する世界の超高級車だ。 コンパクトカー 比較

運転免許をとる前から本当は渋いな、いつか欲しいなとしていた車があります。
それはスバルのハイブリ?ットカー『XV』だ。

これがCMで出てきた時衝撃を受けました!!あの鮮やかでフレッシュ黄緑色にあの形今や惚れちゃいました。
お金に余裕があったのならたいてい衝動買いしていたでしょう。

そこは庶民なのでぐっと堪えますが、スバルのお店を通りかかったときにXVハイブリットカーが大々的に展示
してあって何となく立ち止まって見入ってしまいました。スーパーの帰りで自転車なのに本当気まずいのですが
その時は無意識に見入ってしまいました。

真に見ると高いのですが思ったよりはコンパクトというかスマートにできていてこれは女性でも如何にも
ほしいという方も要るだろうなと思いました。

ぞして、最近CMで見極めるオレンジ色もいいですよね。スズキのハスラーもオレンジ色がありますが
オレンジは元気の生まれるいろですし、何だかどっか遠くにみんなで行きたくなるアクティブなイメージがあります。
およそこういうXVを乗ったら週末はアクティブにキャンプや海、無論遠くまでのドライブにとおかしいアウトドアライフが
過ごせるのだろうなぁと思います。

私は将来乗れなくてもいいけど、旦那に乗ってもらいたい車のひとつですね。私が乗ったらいわばぶつけそうだし
ぶつけるの恐くて運転がのろくなりそうだし。正しく車を乗りこなせる旦那ならXVも嬉しいんじゃないかな。

なんて勝手に思っている私なのでした。それでもたまには運転させて下さいがね。SUV 人気

私はこれまでに何台か車を所持してきましたが、国産メーカーのもののみでした。外車はお洒落んだけど何かあった場合修理代金が高いのでは?とかアフターメンテナンスがしっかりしていないのでは?などと勝手なイメージばっかり持っていたような気がします。外車イコール大金持ちが所持する車という考えもあったので、おいおい自分が外車を手にするは思ってもみませんでした。たまたま昼休みに見ていた1冊のタウン誌に気になってた外車の広告があって、車両価格も書いてあったのですが自分でも貰えそうな金額だったことをわかります。どんなものかは実に見てみないと分からない部分もあるので、思い切ってディーラーまで出掛けて見ることに。私が思った以上に外車ディーラーは気軽に入りやすい雰囲気で同じように女性1人で来てる方も居たほどだ。実に車を見せてもらって試乗もして見積りも出して貰いました。販売員さんに話を聞いていると私が今まで抱いていた印象はどうしても変わり、アフターメンテナンスも随分と丁寧だということを知りました。自分自身の勝手な印象ってほんとにあてにならないものですね。行ってみて良かったというし、実に行かなかったら外車を選ぶことはなかったかなと思いました。軽自動車 ランキング

新婚生活も数年が経ち、子供がてきたので新車を購入することになりました。
数ある車内から重要視したのは、私も家内ものれるコンパクトでありながらも、容量がつめるような大きな車、でした。
特に家族会議で問題になったのは「自転車」でした。フィットやヴィッツなどのコンパクトカーは確かに簡単に乗じることができるけど、自転車までは入りません。ただし、ホンダのN-BOXは高さが1400mmもあり、コンパクトながらも自転車も、人も載せることができる車でした。
嫁曰く、子育てやる人には判るらしいのですが、自転車ってよく使うし、雨がふったりすると電車でやっぱりきたりするので、回収できるとはなはだ頑張るのだそう。出先からさらっと自転車をピックアップできるような縦の要領があ
N-BOXという車だったらほしいし、私にも運転できるコンパクトカーだから、ので購入を決意しました。
実に購入したあとも何度か自転車をピックアップする機会もありますし、一際後部座席を前にすれば荷物がほどなくして、たっぷりと収納できるので何でも入れれちゃいらっしゃる。
これからの生活を考えるとガソリン代も前の車よりも節約できるし、いことばかりでした。
今の軽自動車はつくりもしっかりしているので安全で安心です。車査定

車には、きっちりフロントウィンドウにワイパーが装備されています。
又、主にミニバンやハッチバック車などには、リアウィンドウにもワイパーが装備されるケースが多くあります。
その他、日本ではいまいち見掛けませんが、ヘッドライトワイパーという物もあります。

雨天や降雪ときの運転に欠かせないワイパーですが、1世紀以上も前に自動車が登場して以来、原理的に殆ど進化していません。
画期的なワイパーが開発されればノーベル賞ものと言われる程、プリミティブな原理から脱却出来ない状況が続いています。

ただ、機能面に関しては、それなりに進化を遂げています。

初期の物はスピードメーターのケーブルから動力を取ってあり、車速の変化によりワイパーの速度も変化してしまう代物でした。
但し、その後独立したモーターで駆動するようになり、車速と無関係に一定速度で雨を払拭する事が出来るようになりました。

ひいては、単速だったものが速度2段切り替え式になったり、間欠機能が付加されたりって、時と共に使い勝手が改善されていきました。

現在は、オートワイパー機能を並べる車種も増えてあり、雨滴を検知すると自動的にワイパーが動作するので、大変便利です。
ただ、オートワイパーは必ずしもドライバーの意図した通りの動きをできる訳ではないので(拭ってほしいのに貫く、小雨なのに必要以上に高速で動作する等)、敬遠する向きもあるようです。

又、ワイパーを補佐する物として、撥水機能を有するケミカルがあります。
こんなケミカルを窓ガラスに付けるという、一定以上の速度が出ていれば雨粒を弾き移す効果がある為、ワイパーを使わなくともすむ場合があります。
ただ、ワイパーを併用するというビビリ音が出たり、ワイパーの動きがギクシャクしたりする欠点もあるので、万能とは言えません。スポーツカー 人気ランキング

僕が乗っている車はスズキのラパンだ。
色も緑というかわいらしい色。うさぎのマークが特徴で、どうみても女の子向けのデザインだ。
周りの友人からも、どうしてその車?淑女の車だよ?といった批判ばっかりされていますが
内装のかわいさや、外見のやわらかい角張からが僕にはドンぴしゃでした。
確かに街で見掛ける乗っている人は、9割女性で、1割が娘の車を借りていらっしゃるお父さん的人々・・・
男性で乗っている人は意外と少ないです。それでも僕はラパンが誠に愛する。
とにかくシートがベンチシートになっていて、助手席に彼女が乗った時折ソファーにおけるようにいちゃいちゃできるし
天井もおっきいので乗ったところ軽自動車特有のプレッシャーもありません
そうして一番気に入ってるのが、がたいだ。かくかくした車が好きなのですが
ラパンはかくかくしていて、その上可愛い!
近所は細かい道ばかりで、対向車が来ればよけなければならないぐらい小さいのですが
ラパンなら止まることなくすれ違えます。その時の優越感といったらたまりません。
大きい車は必ず渋いかもしれませんが、幼い車だってそれに劣らず利便性があります!
次に貰う車も、ラパンとしている。今度は一つ上のグレードにしたいとしている。車売るなら

かなり好きというわけではなく、一度くらいは乗ってみたいなーとして憧れていたオープンカー。はからずもポンコツですが、知人から安く譲ってできる事になったので車検が残っている短い期間だけですがのぼりました。現に乗ってみた感想としては、屋根をオープンにしたときの開放感は自由自在でした。意外だったのは、思ったほど風を切って走り回る感覚はなく、フロントガラスがあるので、風はそこまでストレスにならなかったです。あとは天気があやしい時はもちろん、寒かったり、逆に真夏の日差しが厳しい時もオープンにはしずらいので、オープンカー日和という日は年間を通して見ると案外乏しいかもしれないだ。ただ現に乗ってみた感想としては、オープンカーの屋根が空くに関してよりも、走りの軽快さに感動しました。
車種を通じて様々ですが、オープンカーの特徴として多いのは

・軽々しい
・乏しい(ホイールベースなども含め)
・車高がちっちゃい

というのが手広く、私が乗ったのも、こういう手でエンジン自体は広くなく二度とパワフルと呼び込めるものではなかったです。ですが車体が小気味よいので、中低速の加速はすいすいいきますし、峠道やコーナーなどを通ったときのおもしろさは格別だ。スポーツカー・クーペもいいのですが、多くのオープンカーが当たるジャンル。ライトスポーツというのは、ハイパワーの車にはない面白さがありました。これは現に乗った人しか思い付か感動があると思います。ミニバン

情報を入れれば、ざっくりしたものにはなるけど最高価格も見れる。自宅でのんびりしている間に、ご自身の車の最も高額な買取価格が明白になるのですから、どうあっても活用するべきですよね。
買取事業者としても、他店との見積もり合戦になると知っていますから、当初から攻めの見積もりを見せてくるはずです。値段の駆け引きは向いていないという人には、断然喜ばれるでしょうね。
自動車の査定金額が分からなければ、新車販売ディーラーを訪問して下取り査定を依頼するのも悪くないですが、ガリバーに代表されような、中古車査定をする業者に頼んで査定してもらうというのもお得な方法だと言えます。
出張した分査定額が抑えられることはないと言えますが、相場をまったく認識していない完璧な素人と判断すると、予想以上に安い価格に査定される可能性はあるとのことです。
驚くことに、中古車査定において最高の価格と最低の価格との開きというのは、5割近くにもなるとのことです。言ってみれば、一番低い値段で売り払ったとしたら、かなり損失を被りますので気を付ける必要があるわけです。

いつも目にしている車専門買い取りショップで、さっと売却する人というのも見受けられますが、特に問題がないなら一括査定を試してもらって、ちゃんとサーベイしてから買い取ってもらった方がいいに決まっています。
新車にするかどうかは別として、新しくマイカーを購入することを決めたのなら、何はともあれ下取り車を高く買ってもらうことを考えなければなりません。従って、必然的に一括査定が不可欠だと言えるのです。
よそのお店よりも高額で買い取ってもらえそうな買取ショップは一体どこなのか?ということについてチェックするためには、複数の業者からほぼ同時に売却価格を聞き出せるオンライン査定を利用すると便利です。
同種の車でも、10万円余りの価格差が生まれるというのは普通です。従って、本来の買取価格を知っていないと、最安値で買い叩かれることも日常茶飯事であるとのことです。
新車を買うという場面では、一般的にライバル視される車種あるいは業者の名前を持ち出して、割引額アップをするように促します。こうした手法は、実は中古車買取を依頼する時にも効果的だと指摘されているようです。

所有している車がいくらの値が付くのか?その車の車種、年式、距離等、何点かの問い合わせ事項を埋めるだけで、大雑把な査定金額をインターネットから確認することもできるようになっています。
車の出張買取をやってくれる時間帯は、かなり早い時間は厳しいですが、それ以降の時間帯なら21時前まで可能だという店舗が目立つといわれています。
関連情報を入れれば、5~10社前後の車買取業者に一括で自家用車の査定をしてもらえます。例えば名義変更といったわかりづらい各種手続きまで、車買取業者にお任せできるんです。
過去に車買取業者に出向いて、セールスマンの上手い営業トークやパワーに押されて、いつの間にか売ってしまったというエピソードも聞く機会があるのですが、マイカーを売り払うシーンでは、まずは慎重になることです。
マイカーを売却してしまおうなんて気持ちになった時や、そろそろ新車にしてみようと考えたときには、今話題の車買取・中古車査定をうまく利用して、一番高い値段を提示してくれる安心出来る中古車買取のお店をセレクトしましょう。