オープンカーの良さ

かなり好きというわけではなく、一度くらいは乗ってみたいなーとして憧れていたオープンカー。はからずもポンコツですが、知人から安く譲ってできる事になったので車検が残っている短い期間だけですがのぼりました。現に乗ってみた感想としては、屋根をオープンにしたときの開放感は自由自在でした。意外だったのは、思ったほど風を切って走り回る感覚はなく、フロントガラスがあるので、風はそこまでストレスにならなかったです。あとは天気があやしい時はもちろん、寒かったり、逆に真夏の日差しが厳しい時もオープンにはしずらいので、オープンカー日和という日は年間を通して見ると案外乏しいかもしれないだ。ただ現に乗ってみた感想としては、オープンカーの屋根が空くに関してよりも、走りの軽快さに感動しました。
車種を通じて様々ですが、オープンカーの特徴として多いのは

・軽々しい
・乏しい(ホイールベースなども含め)
・車高がちっちゃい

というのが手広く、私が乗ったのも、こういう手でエンジン自体は広くなく二度とパワフルと呼び込めるものではなかったです。ですが車体が小気味よいので、中低速の加速はすいすいいきますし、峠道やコーナーなどを通ったときのおもしろさは格別だ。スポーツカー・クーペもいいのですが、多くのオープンカーが当たるジャンル。ライトスポーツというのは、ハイパワーの車にはない面白さがありました。これは現に乗った人しか思い付か感動があると思います。ミニバン